back

メゾン アボット ユニコーン カベルネ・ソーヴィニヨン 2007

フランス, ラングドック・ルーション
メゾン アボット ユニコーン カベルネ・ソーヴィニヨン

醸造:長めのマセラシオン。果皮からフェノール類を抽出し、アロマを引き出す
         ためルモンタージュが頻繁に行われます。マロラクティック発酵も行う。
熟成:5-10%はオーク樽にておよそ6ヶ月間熟成。
         残りはステンレスタンクにて熟成。

ローブ:美しく濃いガーネット色。
アロマ:カシスやチェリーなどの果実の香り、カベルネ・ソーヴィニヨンの
           特徴的な香りでもあるピーマンの僅かな香り、シナモンやミント、
           ハチミツなどのスパイス香りが広がります。
味わい:エレガントでビロードのような口当たり。タンニンがしっかりと感じられ
           バランスの良い味わい。上品な余韻が長く続きます。

合わせる料理:ステーキや仔羊背肉のロースト、ビーフシチューなどに
                     よく合います。

サービス温度:17-18℃

生産国 フランス
地方 ラングドック・ルーション
アペラシオン ヴァン・ドゥ・ペイ ドック
ワイナリー メゾン・アボット
ヴィンテージ 2007
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
¥1,893  (税込み)

醸造:長めのマセラシオン。果皮からフェノール類を抽出し、アロマを引き出す
         ためルモンタージュが頻繁に行われます。マロラクティック発酵も行う。
熟成:5-10%はオーク樽にておよそ6ヶ月間熟成。
         残りはステンレスタンクにて熟成。

ローブ:美しく濃いガーネット色。
アロマ:カシスやチェリーなどの果実の香り、カベルネ・ソーヴィニヨンの
           特徴的な香りでもあるピーマンの僅かな香り、シナモンやミント、
           ハチミツなどのスパイス香りが広がります。
味わい:エレガントでビロードのような口当たり。タンニンがしっかりと感じられ
           バランスの良い味わい。上品な余韻が長く続きます。

合わせる料理:ステーキや仔羊背肉のロースト、ビーフシチューなどに
                     よく合います。

サービス温度:17-18℃

生産国 フランス
地方 ラングドック・ルーション
アペラシオン ヴァン・ドゥ・ペイ ドック
ワイナリー メゾン・アボット
ヴィンテージ 2007
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

醸造:


長めのマセラシオン。果皮からフェノール類を抽出し、アロマを引き出すためルモンタージュが頻繁に行われます。マロラクティック発酵も行う。

 

熟成:


5-10%はオーク樽にておよそ6ヶ月間熟成。残りはステンレスタンクにて熟成。
ローブ:美しく濃いガーネット色。
アロマ:カシスやチェリーなどの果実の香り、カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴的な香りでもあるピーマンの僅かな香り、シナモンやミント、ハチミツなどのスパイス香りが広がります。
味わい:エレガントでビロードのような口当たり。タンニンがしっかりと感じられバランスの良い味わい。上品な余韻が長く続きます。

合わせる料理:ステーキや仔羊背肉のロースト、ビーフシチューなどに
                     よく合います。

サービス温度:17-18℃

 

 

生産情報

醸造

ラングドック・ルーション ヴァン・ドゥ・ペイ・ドック

データ
ナチュラルコルク
容量 750mlml
商品コード 311107
在庫 在庫あり (15)
ワイナリー

ワイナリー情報

 

メゾン・アボット
1996年にネリダ・アボット、ナイジェル・スネイドによって設立されたアボットは新しい手法を取り入れながら 南フランスのワイン産地の地位向上に努めています。
新しさと奥深さを持ったワインを造るため、ブドウの選別から醸造、熟成、販売に至るまでワイン造りの全ての段階において真摯に臨み、パッケージは、アボット・ブランドらしさを打ち出すため、魅力的かつ斬新なものが用いられています。

2005年に高品質なヴァン・ドゥ・ペイ・ドックで世界的に有名なバデ・クレマン社に買収され、アボットは下記に重点を置き、そのブランド力にさらに磨きをかけました。

-高品質ワイン醸造のためのブドウ選別・熟成のノウハウ
-現代的かつエレガントなパッケージ
-醸造から瓶詰めまでの厳格な工程並びに品質管理
-唯一無二の個性と品質を持ったワイン

今日、アボットはラングドック・ルーションのポテンシャルの高さを感じさせる、特にシラーを主要品種としたアペラシオンのワインセレクションを提案しています。

 

 

地理
アボットはペイ・カタルの中心地、カルカッソンヌから17キロ、オード県に位置する住民600人の小さなワイン造りの村マルセイエットに位置します。
村には大西洋と地中海の交易を盛んにするため17世紀に作られた長さ240kmに及ぶ有名な「ミディ運河」が流れています。

*1787年5月16日、大統領就任13年前のトマス・ジェファーソンがミディ運河クルージングを行った際、彼の舟艇がマルセイエットで泊ると「運河は池に沿って流れている、、、水面に映る景色、水辺に広がる平原は素晴らしい。夕暮れ時、眼前に広がる美しい風景を目に焼き付けよう。私は迷うことなく、小麦畑やブドウ畑、桑の実、オリーブの樹に囲まれたこの地で一夜を過ごすことにする。」こう言ったと言われています。


醸造所
アボットブラザーズは19世紀初めマルセイエットの中心地、ミディ運河から数歩のブドウ栽培地に設立されました。建物は住居部分とタンクを置いた醸造所、熟成用木樽を貯蔵するセラー部分から出来ています。改修以降、ドメーヌは葡萄のブレンド、ワインの熟成、保管、そして瓶詰めに理想的な環境となりました。


ミネルヴォワ
古代都市ミネルヴァから名づけられたミネルヴォワは知恵の女神への捧げ物としてローマ人によって築かれた地区で、ラングドック・ルーション地方で最も古くからあるブドウ栽培地の1つです。アペラシオンはモンターニュ・ノワールの支脈からミディ運河まで広がります。

こちらもお勧めです。