back

ヴィニョーブル・ディドロン リューズ 2008

フランス, ラングドック・ルーション

この赤ワインは、ドメーヌ・カドネットの古樹から収穫され、
選別されたブドウのみを使って造られます。
凝縮した果汁を得るためマセラシオン(醸し作業)は1ヶ月ほど続けられ、
オーク樽で熟成されています。
力強いワインで、シラーのスパイシーな香りや煎り香、バニラや
シナモンの香りが広がります。

ソースがけの肉料理やジビエ、牛ロース肉などとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産国 フランス
地方 ラングドック・ルーション
アペラシオン コスティエール・ドゥ・ニーム
ワイナリー ヴィニョーブル・ディドロン
ヴィンテージ 2008
ブドウ品種 シラー
¥2,594  (税込み)

この赤ワインは、ドメーヌ・カドネットの古樹から収穫され、
選別されたブドウのみを使って造られます。
凝縮した果汁を得るためマセラシオン(醸し作業)は1ヶ月ほど続けられ、
オーク樽で熟成されています。
力強いワインで、シラーのスパイシーな香りや煎り香、バニラや
シナモンの香りが広がります。

ソースがけの肉料理やジビエ、牛ロース肉などとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産国 フランス
地方 ラングドック・ルーション
アペラシオン コスティエール・ドゥ・ニーム
ワイナリー ヴィニョーブル・ディドロン
ヴィンテージ 2008
ブドウ品種 シラー
カスタマーレビュー

まだレビューがありません

楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

この赤ワインは、ドメーヌ・カドネットの古樹から収穫され、
選別されたブドウのみを使って造られます。
凝縮した果汁を得るためマセラシオン(醸し作業)は1ヶ月ほど続けられ、
オーク樽で熟成されています。
力強いワインで、シラーのスパイシーな香りや煎り香、バニラや
シナモンの香りが広がります。

ソースがけの肉料理やジビエ、牛ロース肉などとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産情報

醸造

ラングドック・ルーション AOCコスティエール・ドゥ・ニーム

This Syrah-Grenache blend offers the best qualities of both, with strong spice and licorice notes balanced by crisp and mouthwatering fruit. Hearty with medium tannins yet still quite refreshing.

データ
ナチュラルコルク
容量 750mlml
商品コード 120104
在庫 在庫あり (97)
ワイナリー

ワイナリー情報

地理
レ・ヴィーニュ・ドゥ・ラ・カドネットは、ローマ時代の都市ニームと、地中海の間に70haにわたって広がっています。カマラグ地方にまでは及びませんが既に平原で、ローヌ川沿岸ではありませんが、ローヌ川が大昔に残したケイ質砂利の土壌です。
何度かミストラルが北から吹きつけ谷を一掃しますが、普段は灼けるような太陽が、大地の石とブドウの木を暖めます。この地のテロワール(風土)は、力強い赤ワインや軽やかなロゼワインを造るのに理想的です。

歴史
「カドネット」とは18世紀、歩兵隊が顔の両側に下げていた三つ編のことです。
1860年、ブドウ畑に囲まれた大きな農家が建てられました。畑の所有者はベルニ伯爵とベルニ伯爵夫人。ドメーヌ・カドネットの名は、果樹の枝が絡み合う様子を三つ編になぞらえたものです。
ル・ヴィニョーブル・カドネットは60年代初め、アルジェリア戦争後この地にやってきたディドロン家の所有となり、その後、ドメーヌの運営はピエール・ディドロンに委ねられました。

ブドウ栽培
初代ディドロンは、70haの畑を一から手入れしなおし、ワイン造りのための道具を修理するという、大がかりな仕事に取り掛かりました。醸造所の改善、ブドウ畑の拡大、グルナッシュ、シラーといったブドウ品種の再植樹、減農薬栽培への取り組みなど、長く辛い作業が10年以上続きましたが、その結果、カドネットのワインはその変わらぬ品質の良さが高く評価されるようになりました。

ブドウ品種
2003年以降、ブドウの木の比率は以下の通りです。
32%シラー 32%メルロ, カベルネ・ソーヴィニヨン 22%グルナッシュ 9%カリニャン
平均樹齢20年
生産量はおおよそ コスティエール・ドゥ・ニーム・ルージュ 2200hl
                                コスティエール・ドゥ・ニーム・ロゼ   550hl
                       ヴァン・ドゥ・ペイ・ガール       1500hl