back

ドメーヌ・ドゥ・マウリ カイユー・ドゥ・ピレン 2005

フランス, 南西地方

オーク樽で熟成されたワイン。
熟したフルーツのアロマを持ち、赤や黒の果実の風味が口の中に広がります。
こくがあり、しっかりとしたタンニンが感じられます。

赤身肉や鴨胸肉、ガチョウのコンフィ、ハードタイプのチーズとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産国 フランス
地方 南西地方
アペラシオン マディラン
ワイナリー ドメーヌ・ドゥ・マウリ
ヴィンテージ 2005
¥3,104  (税込み)

オーク樽で熟成されたワイン。
熟したフルーツのアロマを持ち、赤や黒の果実の風味が口の中に広がります。
こくがあり、しっかりとしたタンニンが感じられます。

赤身肉や鴨胸肉、ガチョウのコンフィ、ハードタイプのチーズとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産国 フランス
地方 南西地方
アペラシオン マディラン
ワイナリー ドメーヌ・ドゥ・マウリ
ヴィンテージ 2005
ワイナリー

ワイナリー情報

 

地理
フランス、ミディ・ピレネー地方の村ラバルテットに、25haの美しいブドウ畑を持つドメーヌ・ドゥ・マウリ。その畑は、砂利だらけの丘に南向きに位置しています。

歴史
今から1世紀以上前の1907年、デュフォー家はこのドメーヌを立ち上げました。今日では親子2世代が、ワイン造りへの情熱を持ち、大地に敬意を払いながらブドウ栽培を行っています。

ブドウ畑
ドメーヌ・ドゥ・マウリではAOCマディラン、AOCパシュラン、AOCコート・ドゥ・サンタモンのワインを造っています。彼らの赤ワインは強い個性を持っています。タナ種100%で造られるマディランはこの地の風土を体現した雄々しいワインとなり、カベルネ・フラン種やカベルネ・ソーヴィニヨン種とブレンドされると落ち着きのあるワインとなります。白ワインは、グロ・マンサンやプティ・マンサン、クルビュ、アルフィアックといったあまりなじみのないブドウ品種を使用して造られます。パシュラン・デュ・ヴィク・ビルの辛口ワインや、アンリ4世が好きだったというジュランソンの兄弟とも言える甘口ワインなど、オリジナリティのある白ワインが生まれています。

 

<主要ブドウ品種>
赤ワイン用ブドウ:タナ、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
白ワイン用ブドウ:グロ・マンサン、プティ・マンサン、クルビュ、アルフィアック

データ
ナチュラルコルク
容量 750mlml
商品コード 090101
在庫 在庫あり (99)
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

オーク樽で熟成されたワイン。
熟したフルーツのアロマを持ち、赤や黒の果実の風味が口の中に広がります。
こくがあり、しっかりとしたタンニンが感じられます。

赤身肉や鴨胸肉、ガチョウのコンフィ、ハードタイプのチーズとよく合います。

サービス温度:16℃~18℃

生産情報

醸造

南西地方 AOCマディラン

カスタマーレビュー

まだレビューがありません