南西地方


南西地方 ワイナリー


クロ・トリゲディナ

地理 ル・クロ・トリゲディナはカオールの街の西側に位置し、その範囲は、カオール地方の中心地であるピュイ・レベックと、ヴィーレ・シュール・ロット、フロレサ、トーザックの4つの地域に渡っています。 所有面積は70haに及び、粘土質ケイ質土壌と粘土質石灰土壌という、グラン・クリュワインに好ましい土壌によって形成されています。 歴史 ドメーヌは1830年から8代に渡り受け継がれてきました。 1830年、エチィエンヌ・バラデがクロ・トリゲディナで最初のブドウを植えました。微気候に恵まれていたおかげで1956年に霧の被害を受けたほかには特に天候被害はなく、今でも比較的古いブドウの樹から高級ワインが造られています。 ルネ・バラデは有名なワイン栽培者で、ワイン協会同様、カオール地方 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ドゥ・マウリ

  地理 フランス、ミディ・ピレネー地方の村ラバルテットに、25haの美しいブドウ畑を持つドメーヌ・ドゥ・マウリ。その畑は、砂利だらけの丘に南向きに位置しています。 歴史 今から1世紀以上前の1907年、デュフォー家はこのドメーヌを立ち上げました。今日では親子2世代が、ワイン造りへの情熱を持ち、大地に敬意を払いながらブドウ栽培を行っています。 ブドウ畑 ドメーヌ・ドゥ・マウリではAOCマディラン、AOCパシュラン、AOCコート・ドゥ・サンタモンのワインを造っています。彼らの赤ワインは強い個性を持っています。タナ種100%で造られるマディランはこの地の風土を体現した雄々しいワインとなり、カベルネ・フラン種やカベルネ・ソーヴィニヨン種とブレンドされると ...

詳細を読む »

位置情報