ヴァレ・デュ・ローヌ


ヴァレ・デュ・ローヌ ワイナリー


シャトー・シニャック

地理 南フランスのガール県北東部、ローヌ川右岸に位置するシャトー・シニャック。ポン・デュ・ガール、ユゼス、ニーム、アヴィニョン、オランジュといった観光地から一時間ほどのところにあります。小さな丘の上に建つ白い石造りの城館からは、ヴァントゥー山の美しい景観とシャトーヌフ・デュ・パップの遺跡を望むことができます。ラ・ダン・ドゥ・シニャック山は、この地のひと続きのブドウ畑を勇敢な戦士のように見守っています。 歴史 シャトー・シニャックの歴史は紀元前3000年に遡ります。 この地方に移り住んだローマ部族によって、現在でも数々のローマ遺跡が残るガール県ロードン一帯の斜面や台地にブドウの樹が植えられ、その畑はシニャックの地域にまで広がりました。 ローマ民族は更に東のシ ...

詳細を読む »

シャトー・シミアン

地理 シャトー・シミアンは南仏オランジュから数キロメートルのマッシフ・ドゥショーの麓の小さな町、 ピオランに位置します。 シャトー・シミアンは AOCシャトー・ヌフ・デュ・パップ、 AOCコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ マッシフ・ドゥショー、 AOCコート・デュ・ローヌ、 VDPドゥ・ラ・プランシポーテ・ドランジュ・クレーレット と多くのワインを造っています。 歴史 シャトー・シミアンの歴史は1920年頃から始まります。 数々の幸福な偶然が重なりあって、現在のドメーヌが出来上がりました。 当時の所有者、シミアンの名を持つ最後の女性ソフィ・シミアンには、後継者が一人もいませんでした。 そのため自分の住まいを、長年献身的に仕えてきた若い女性マルセル ...

詳細を読む »

ドメーヌ・デュ・グロ・パタ

ドメーヌの名前の由来 昔、この地域の人々は境界線を越えて隣町に行くために「パタ」というプロヴァンスのコインを払わなければなりませんでした。グロ・パタの家はヴェゾン・ラ・ロメーヌの町の境界線近く、木板でできた壁に面して位置していたことから、「パタ」の名が付きました。 地理 南仏ヴァレ・デュ・ローヌのドメーヌであるドメーヌ・デュ・グロ・パタは、ヴィルデューの街道の走るヴェゾン・ラ・ロメーヌの町に位置しています。ここには、ジゴンダス、ケランヌ、セグレ、ラストー、ロエ、サブレ、ヴァルレ、ボーモン・ドゥ・ヴニーズといった村々があり、プロヴァンス地方の象徴ともいえる荘厳なヴェントゥー山を望んでいます。 歴史 ドメーヌ「ル・グロ・パタ」は、それこそが家族4世代の歴史です。ドメー ...

詳細を読む »

ル・クロ・ドゥ・カヴォー

地理 クロ・ドゥ・カヴォーのある小さな町ヴァケラスは、南仏の観光名所であるオランジュの東20km,アヴィニヨンの北西35kmに位置します。20haのブドウ畑は、コンタ・ヴネサンの平野を見下ろすダンテル・ド・モンミライユの斜面に広がる、標高200mのところにあります。 この地は標高が高いというだけでなく、他と隔てられた地続きの場所に位置します。このことが、ブドウ畑に特別な環境をもたらすのです。周囲は地中海の森に守られ、微気候と地理にも恵まれた、自然農法にはまたとない望ましい環境です。 歴史 1976:ジェラール・バンジュネ(現在のオーナーの父親)がドメーヌを購入 1986:化学合成物質を使わない栽培の開始 1989:正式にビオロジック栽培へ移行 1993:アンリ・バ ...

詳細を読む »

位置情報